40代から始める薄毛予防と対策|ナチュラル仕上げ

微笑む男性

髪の毛を洗う時が大事です

薄毛の男の人

加齢のせいかもしれません

40代を迎えるころから、体のあちこちに変化が見られるようになります。例えば、急激な体重の増加やシミやしわなど、美容に関しても悩みが増えてくるのがちょうど40代前後からなのです。もちろんその中に薄毛の悩みも含まれている人もいるでしょう。「何となく髪の毛にボリュームがなくなった。」とか「つむじ周りや分け目が薄くなってきたような気がする。」といった人が増えてくるのも40代からです。これはホルモンバランスによる加齢のせいかもしれませんが、ほかにも頭皮環境が良くない場合も考えられます。薄毛の人は頭皮が硬くなっている人がほとんどです。ですから血流が悪くなり、髪の毛に十分な栄養がいきわたらないことが薄毛の原因と考えられるのです。

改善することは可能です

では薄毛は改善することはできないのでしょうか。40代になっても改善することは十分可能です。まずは頭皮が硬くなっている人は、頭皮のマッサージから始めましょう。一番簡単な方法は入浴時に髪の毛を洗う時、頭皮を優しくマッサージしながら洗うことが大事です。髪の毛を洗うのではなく、頭皮を洗うつもりでやってみましょう。指の腹を使ってマッサージします。爪を立てたり、強くこすったりする必要はありません。そしてシャンプーやコンディショナーの洗い残しがないようにします。頭がかゆいという人やフケが出る人は、洗い残しが原因かもしれません。また頭皮が赤くなったり湿疹ができる人も同様です。これだけでもずいぶん頭皮の環境がよくなり、薄毛の改善につながるのです。